低糖類ダイエット 低糖類ダイエット!!ただ痩せる口コミ
究極のダイエット法!4ヶ月で7Kgのダイエットに成功・低糖類ダイエッ日常生活で、誰でもいつもしている事で、毎日確実に、楽に簡単に、自然に健康に、ただ痩せるダイエット方法!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脱毛器 ソイエ -■自分でムダ毛を処理する際には
■自分でムダ毛を処理する際には



剃っても剃っても生えてくるいらない毛・・・ムダ毛



出来ればエステサロンやクリニックで脱毛してもらい、スッキリしたいのですが、エステサロンやクリニックに通うには費用も時間もかかりますね。



多くの方は自宅で、自分で、処理すると思いますが、これは肌にたいへんな負担をかけているのです。



では、それぞれの脱毛方法にどのような負担があるのでしょうか。



①カミソリや電気シェーバーの刃のあるタイプ




刃のあるタイプは、簡単そうに見えて実は毛と一緒に角質までそぎ落としてしまいます。また、何度も同じ箇所を剃ることによって、気づかない間に肌を傷つけているのです。



もし刃で切り傷などを作ってしまえばそこから菌が入り化膿もしてしまいます。取扱いには十分に注意が必要です。



②毛抜き



1本1本丁寧に抜いていきますが、非常に時間がかかり根気がいります。



さらに根元から抜くために太い毛頑丈な毛ほど抜くときが痛いです。



また注意点としては、毛の生えている方向から逆方向へ抜いてしまうと毛穴が痛んでしまい、その部分に雑菌が入ったり化膿してしまったりします。

時間を費やして抜いたのに、逆に肌を痛みつけてしまったらなんだか少し寂しいですね。



③脱毛テープ、脱毛クリーム、除毛クリーム



脱毛テープの良い点は一気に脱毛が出来るところです。しかしテープを剥がすときにかなりの痛みを伴います。



さらに毛だけではなく肌にもテープが付くので、肌への負担も免れません。



脱毛クリーム、除毛クリームは薬品を使った方法になります。



広範囲に使用でき、痛みもないので非常に扱いやすいメリットもありますが敏感肌の人が使用した場合は注意が必要です。



万が一クリームが肌に合わなかった場合に、痛みを伴ったりアレルギーを起こしてしまう危険性があるからです。



必ずパッチテストで肌に合うか確認してから使ったほうが安全です。



自己処理はお金もかからず手軽に出来る分、あとは自分の責任になります。



処理するときは場所によって処理方法を選ぶこと、さらに処理後はかならずアフターケアをしてあげて、肌にかかってしまった負担を和らげなくてはいけません。



楽天から探す⇒業界最大級の照射範囲で超スピード脱毛ケノンは脱毛器ランキング52週連続1位、年間オール家電1...


楽天から探す

↓  ↓







あなたにピッタリはどれ・・・?


[全身脱毛][美顔][男性]ー【イーモリジュ

現役エステティシャンが衝撃を受けるほどの高性能美顔器搭載!

[腕][ワキ][ビキニライン]-全身脱毛ー【no!no!HAIR

ワキ&ビキニラインもツルスベ♪人気脱毛器

[全身][スピディ]ー【SensEpil

手島優プロデュースの家庭用脱毛器

[全身][男子用][低コスト]ー【ESPIL(エスピル)】

プロも認めたフラッシュ式家庭用脱毛器★ESPIL
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。