低糖類ダイエット 低糖類ダイエット!!ただ痩せる口コミ
究極のダイエット法!4ヶ月で7Kgのダイエットに成功・低糖類ダイエッ日常生活で、誰でもいつもしている事で、毎日確実に、楽に簡単に、自然に健康に、ただ痩せるダイエット方法!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウトドア キャンプ用寝具について
アウトドア&スポーツ ナチュラム


【アウトドライフのすすめーキャンプ場についたら】●◆▼

きっとアウトドアのすばらしさに気がつくでしょう。

そして、自信がついてくればしめたものです。

キャンプ場についたら、まず、管理事務所に行って受付をします。

多くの場合はテントを張る場所は指定されていますが、もし選べるとしたら、次のような点に注意して選んで下さい。
   ①キャンプサイトに十分な広さがあるところ。
   ②なるべく平坦で凹凸がなく、傾料地でないところ。
   ③よく乾燥していて、水はけがよく日当たりのいいところ。

テントを張る場所をチェック

   ④炊用水が確保できる炊事場やトイレなどの水場に近いところ。
   ⑤林間地では風通しのよいところで、夏場なら樹木の陰で涼しい日陰が得られるところ

など最低限のポイントをおさえて、あとは同じような家族連れのそばといった自分のアウトドアスタイルに似た人の近くが最適です。

 しかし、自然に親しみにきたか、人を見にきたのかわからないようなキャンプ場はいやだという
お父さんにテント設営のポイントを教えましょう。

一番大切なことはなるべく自然の多いところを選ぶことです。

ここは景色がいいからと安易な気分でテントの設営をしてはいけません。

見ためはよくても、気象条件の変化によって危険になることもあります。

設営び位置や風の向き、地面の傾斜といったことを計算のうえ、より快適にアウトドアライフが送れる場所を探しましょう。
アウトドア&スポーツ ナチュラム


たとえば崖下や川のそば、川の中州や河岸の波打ち際は絶対に不適です。

雨が降ったらどう変化するかを考えてみて下さい。

ポイントは、条件のいい場所の確保と平坦なところです。

そして、一度すばらしいキャンプ揚が見つかったら同じキャンプ場を大切にして下さい。

同し場所だと回を重ねるごとに、いろいろなプログラを工夫して作ることができるようになります。
それがポイントです。
アウトドア&スポーツ ナチュラム




楽天から探す→アウトドア キャンプ用寝具のショッピング
ネット(ナチュラム)から探す→コールマン、スノーピークなど有名ブランド勢揃い♪

スポンサーサイト

テーマ:おすすめ商品紹介 - ジャンル:アフィリエイト

アウトドア  カヌー・カヤック・・・
●いよいよはじめてのキャンプです。

家族でキャンプの計画を話し合い「キャンプ」という共通意識を持ち、プランづくりの段階からみんなで参加するのも楽しいものです。

はじめてのキャンプは、キャンプを体験するという目的だけで十分で、無理なプランを立てることはないもです。

住まいを離れて、野外でテントで寝ることだけだって子供たちにとっては十分魅力あるプランなのです。

シーズンは、四月半ばから十月半ばぐらへいまでが適当です。

蒸し暑く、人出が集中する盛夏よりも春、秋のほうがゆったりと快適なキヤンプを楽しむこともできます。

■カヌー

湖や川、そして海で、水と自然との一体感感に浸れるカヌー。

カヌーには人力だけで、他の人の行けない場所に自由に行ける喜びがある。

●カヌーの種類
インフレータブルカヌーの売れ筋ランキング


カヌーはカナディアンカヌーとカヤックの二つに大別できる。

カナディアンカヌーはもともとカナダ・インディアンが使っていたオープンデッキの大型タイプで、2~3人で湖をゆっくりと巡ったり、荷物の積載能力の高さを生かしてリバーツー・‐リングに出かけたりするのに適している。
公園のボーートに形は似ているが、操作感覚は比較にならないほどスムーズ。

―回のパドルに敏感に反応し、スピード感もある。

カヌーのなかでは一番大きく、キヤリアに積むとかなり目立つが、Jンパクトにたためるフオ~ルディング・タイプもある。

さらにクローズドデッキのレーシングタイプもあるが、ほとんどは使い勝手のいいオープンデッキだ。

カヤックはすべてクローズドデッキで、細長い流線型カスラロームタィプ、幅広の安定した形状のツー・-リングタイプ、折り畳んで待ち運びができるファルトボード、長くてスリムなボディの海用のシーカヤックなどさまざまなタイプがある。

軽量一体型のカヤックのプレイボードには、ツーリングからゲーーシングまでカバーできるオールラウンドタイプがあり、ビギナー向けの入門用モデルも用意されている。

ファミリーやグルー・‐プで水上散歩

や釣りを楽しむならカナディアンカヌー、川下りをスポーツとして取り組むならカヤックを選ぼう。
カヌー・カヤック特集

●ウエア&グッズ

カヌーは濡れることを予想してウエアを選ぼう。

必ず必要なのは浮力のあるライフジャケットのP・D・F。

パーソナル・フローテーーション・デバイスの略だ。

カナディアンカヌーなら水中に転覆することもないため、夏はTシャツにショートパンツ、その上にP・D・Fの組こ4み合わせで充分。

さらに早朝や夕暮れの気温が下がった時にそなえて、防水のウィンドブレーカーを。防水・撥水性の高いカヌー用のジャケットもある。

流れの速い場所でカヤックに挑戦するときは、P・D・Fの下にウエットスーツを。

パドリングの妨げにならないように、体にぴったりと合ったものを選ぶこと。転覆したときに川の岩に頭をぶつけないように、ヘルメットも必携だ。


アウトドア&スポーツ ナチュラム



楽天から探す→アウトドア・カヌーカヤックのショッピング

テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ

アウトドア 山へ行こう
■山へ行こう

山には人を元気にさせる不思議な力がある

森には野鳥のさえずりが響き

空と雲と山の雄大な景観。

輝くような新緑と華やかな紅葉。

静けさに満ちた雪山。

森の空気を胸いっぱい吸い込めば、心も体もリラックスしてくる。

山歩きは一番シンプルな山の楽しみ方。

里山歩きは、農村の生活に密着しているため、ハイキングコースが整備され、気軽に歩けるているところが多い。

広葉樹の茂る里山の林は四季折々の表情がある。

草花の種類も多彩だ。野鳥や昆虫、小動物などの生き物も観察できる。

水筒とお弁当を侍って出かけるワンデイハイキング

標高の低い里山はぴったりのフイールドだ。


山歩きの魅力はトレッキング

里山より標高の高い山でトレッキングに挑戦。

標高が上がるにつれ、原生林が茂る森になる。

標高2000mを超えると視界をさえぎる木々は減り、

空気はどこまでも澄んでさわやかそのもの。

広大な山並みが連なり、雄大な山岳美が現われる。

眼下に雲海が広がる
経験した者しか得られない感動が待っている。

食事付きの山小屋もあるので、1泊2日でのプランニングも立てやすい。

山の楽しみ方は山歩きの中でシンプルなのが「バードウォッチング」
森の中を歩くと木立に響く数々の小鳥のさえずりが心和ませる。

「あの泣き声は何・・」「どんな小鳥なのだろう」・・・・・

美しい鳥の声をBGMだけで終わらせるのはもったいない。

カッコにしろ鶯にしろ声は知っていても、姿はわからない
鳥の声を手がかりに姿を双眼鏡で探してみよう。

森の中のバードウォッチングは平地より野鳥の姿を捉えるのは難しい。

それだけに、野鳥の姿を確認できた時の喜びはひとしお。

バードウオッチングには多少の経験が必要だが、

昆虫ウオッチングや植物観察は手軽にできる自然観察だ。
子どもにとってカブトムシやクワガタは宝物。

山は珍しい昆虫もいっぱいだ。

可憐な花を咲かせる見たことも無い、高山植物との出合いもある。

山の中で自然の恵み山歩きの楽しみ。

春は山菜、そして秋はキノコと木の実

タラの芽やフキノトウ・ワラビは春の息吹を感じさせるごちそうだ。

スパーのキノコはほとんどが栽培物野生のキノコの香りと味は、市販のものとは格段の差がある。

ヤマブドウなどの本の実はジャムや果実酒に。

野生する栗もまた、栽培栗とは違う。

山菜狩りやキノコ狩りはその山に詳しい人と同行するのが一番森は遊びの宝庫でもある。

ただし山には危険も待ち受けている。

山の天候は急変しやすい。
そして熊の出没する山、有毒ガスが噴出する地点のある山、冬は入山禁止の山などもある。

山へ入るなら、事前の情報収集は重要事項だ。
アウトドア&スポーツ ナチュラム




楽天から探す→アウトドア・ステックのショッピング
ネットから探す→海釣り公園でファミリーフィッシングを楽しもう!
アウトドア用品アウトドア情報館にようこそ

テーマ:おすすめ商品紹介 - ジャンル:アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。